エリザベスカラー

飼い猫の去勢と抜爪手術をしたのが6月9日。2週間はカラーを外せないというので、ずっと顔の周りに透明のプラスチック製の大きなエリのようなモノを装着させていた。

 

傷口を舐めてばい菌が入らないようにするためだが、餌を食べるにも何をするにも不便そうで、常にあちこちに衝突しては後ずさりしていた我が家の猫ちゃん。

 

やっと今日、そのカラー(エリザベスカラーというらしい)を外してあげた。餌もそっちのけで、30分程身体中を舐め回していたが、金◯が無いことに気付いただろうか😱ごめんよ。図ららずもオネエ猫になっちゃったね....

 

2歳になり家中のあちこちに臭い付けのオシッコをするようになり、困り果てて獣医に相談したところ、ホルモンの影響だから去勢しましょうと薦められた。

 

以前のソファは爪研ぎでボロボロ。家中、猫のオシッコ臭いと家族からクレーム続出....。前脚の抜爪手術をしてソファを新調したところ、届いたばかりのレザーのソファで、今度は後ろ脚で爪研ぎをしてしまい、悩んだ末に後ろ脚の抜爪と、去勢手術に踏み切った。

これ以上、人間様の住空間への侵害は耐えられなかったのよ😭

 

痛みを極力和らげるためにレーザー手術を選んだところ、前脚と後脚の抜爪、去勢手術を2回に分けてやって、トータルで17万掛かった。

 

ソファとほぼ同じ値段だよ....😓

 

人間と動物が狭い空間で共生するって大変だ。

保健所に連れて行くことだけはしたくないから、致し方ない。

 

生まれたばかりで捨てられていた彼を娘が拾ってきて以来、一歩も家から出た事がない。

さらに爪も金◯も失って、戦闘能力も生殖意欲も削がれた彼は、一生外界に出る事はないだろう。

 

恋の季節に外でメス猫が甘い泣き声を発していても、外に出てメス猫を争って他のオス猫と喧嘩する事も出来ない。そもそも恋をする事もないだろう....

愛玩動物とはいえ、彼の人格ならぬ猫格を奪って良いのか?葛藤は続く。

彼の人生ならぬ猫生を一生引き受ける覚悟だ😿

 

美人薄命

幼い子供達を遺して逝かなければならない麻央さんは、

どんなに無念だっただろう。 

海老蔵さんといえば色々とヤンチャが絶えない人というイメージがあったが、

妻を献身看護する健気なイクメンへと180度国民的イメージが変わった。

ご本人も「自分を変えた奥さんだった」と。

麻央さんの病気は不幸だったけど、これも形を変えた彼への愛なのかも知れない。

お子様たちが健やかに育ちますように。

ご冥福を祈ります。

 

 

中3娘の英検準2級、合格🎉

f:id:micosos:20170621061748p:plain


良かったね🎉 


私もTOIEC 近いのに何もやってない😓

じゃんだらりーんのブログ、始めました🍀宜しくお願いします!